バリアフリー住宅にするということ

戸建てのほうがバリアフリーにすることは割と容易になります。そもそもマンションというのは後から間口を広くしたり、ということは相当に難しいことになりますから、はっきりいってそこは最大のネックであるといえます。戸建てであればそうしたことはそこまではありませんから、大きなメリットになります。但し、戸建てといっても鉄筋コンクリートですとさすがにリフォームしにくいことになります。そうした所が厄介ではあるので木造住宅のほうが後々のためになったりすることがあります。耐震性でいえば鉄筋コンクリートのほうがよい、ということが多いでしょうが木造住宅でも十分な耐震性は確保されているといえますし、そこまで気にすることはないでしょう。拡充をするという意味において木造住宅のほうがよい、ということは間違いないことになりますから特に後からバリアフリーにする、と言う計画があるのであれば木造のほうが何かとメリットがあるといえます。