平屋についてとても憧れる

年を取ると、とても大変なこととして、二階に上がることが辛いです。階段を上がるのは、とても大変ですね。若い時には、そんなことを全く感じませんでしたが年を取ると、そのことについてしみじみと感じるようになりました。特に自分の家ではリビングを二階にしていませんが、友人の家は、2階がリビングとなっているのでそれは辛いのではないかと感じています。実際に、60歳ぐらいになると、上がるのが辛くなるようですね。
そして母親の場合も、2階があったほうがいいのかなど考えることがありました。誰かがきた時のために、必要と思っていたようです。しかしその管理も大変だし、いっそのこと平屋にしたほうがいいと思うようになったのです。そして母親の家は、平屋にしています。平屋の生活は、とても楽ですね。私が今度新築にする時には、必ず平屋を希望したいと思っています。階段を登らずに、疲れることなく生活をすることが出来るので、とても楽と感じます。