お風呂場は滑りにくい床がいい

新築を作るときに、長く暮らすことができる、そんな安心して暮らせる家がいいと思っていました。せっかく大きなお金をかけて作る家なので、その点は先々のことまで考えて作りたいですね。そんな時、やっぱり年をとった時のことも考えてつくることが大切と思うようになっています。年を取ると、こんなところに注意をして作っておいてよかったと思えるのです。安全な家つくりということですね。
その安心して暮らすことができる家として、お風呂場が一番大事と思っています。それは、一番心配なのは、そこで転倒してしまうことなのです。もしも打ちどころが悪い場合はそのまま気を失ってしまうこともあるのです。そのことから、そこの場所では転倒しないような家つくりをすることにしました。
以前のお風呂場の床はとても滑りやすかったので、滑りにくい床にすることにしています、それは、とても助かっています。少し急いで入る時も滑る心配がないので、とても安心です。